計測 :

計測

フィットビット

睡眠サイクルをはじめ運動量やカロリーなどを自動で管理

fitbit睡眠サイクルを記録して朝はバイブ機能で設定した時間に振動して起こしてくれます。ですが、フィットビットは単に目覚まし時計とは呼べないほどさまざまな機能が付いています。

日中は歩数、距離、消費カロリー、登った階数を記録。夜間は睡眠サイクルを記録して、これらのデータを蓄積することで、自分のライフスタイを見なおし、改善するためのヒントになります。データはPC、Mac、iOS デバイス、Android スマートフォンに同期が可能。

また目標設定をすると達成時にはバッチを獲得でき、こうしたデータをSNSに公開することもできます。

睡眠だけでなく、ライフスタイル全体を客観的に数値として確認できるという優れたアイテムです。

ねむり時間計

センサーで眠りを測定してくれる

nemuritokei
「オムロン ねむり時間計 HSL-001-W」は、寝返りなどによる寝具の動きを検出して睡眠の状態を測定してくれる時間計です。

ねむり時間計の使い方は寝るときに本体を枕元に置くだけ。あとはねむり時間計がセンサーで寝ているときの動きを感知し、入睡から起床時間までの睡眠時間データを測定。スッキリアラームを使えば、セットした時間の30分前から一番スッキリ起きられるタイミングでアラームが鳴ります。

これらのデータをアンドロイドスマートフォンへ転送し管理することも可能。SNS機能も搭載していおりTwitterやFacebookで情報をシェアできます。自分の眠りをしっかり管理できる目覚まし時計です。

スリープトラッカー

睡眠サイクルから最適な時間に起こしてくれる

sleapstrakkerスリープトラッカーは、使う人の睡眠サイクルを計測して、最適な目覚めのタイミングに起こしてくれます。

最適な目覚めのタイミングとは

人は一連の眠りの中で、眠りの浅い状態と深い状態を繰り返しており、眠りの浅い状態で起こされたほうがスッキリと起きることができます。
スリープトラッカーは一般的な目覚まし時計と違い、指定した時間帯のなかから最適な目覚めのタイミング=眠りの浅い状態で起こしてくれます。
例えば、スリープトラッカーのアラームを7時にセットし時間帯20分とすると、スリープトラッカーが6時40分から7時のあいだの眠りの浅いステージを見つけてアラームを鳴らします。
またスヌーズ機能付き、音声アラームかバイブレーションも選択可能です。

睡眠データを記録、管理

スリープトラッカーを購入すると、無料で睡眠サイクル解析が利用でき、付属の睡眠ソフトで自分の睡眠状態や睡眠の改善方法、全体の睡眠をスコアとして確認することができます。
自分の眠りを科学的に知ることができる目覚まし時計です。