逃げる :

逃げる

フライングアラームクロック

空飛ぶ目覚まし時計

flying-clock
セットした時間になるとサイレン音のアラームがなり、時計の上部にあるプロペラが回転しながら飛んで行きます。このプラペラを再び時計に差し込まないとアラームが止まらない。これは起きるしかありませんw

スヌーズ機能も付いていてプロペラをセットしなおしても4分後に再びサイレンとプロペラ飛行が再開。二度寝防止もバッチリです。

子供が喜びそうな目覚まし時計なので、いつも起こすのが大変なお母さんの強い味方になってくれそう。寝坊助の小学生にいかがでしょう。

バックライト付きで暗闇でも時間がハッキリわかります。

ナンダクロッキー

ふたつの車輪で逃げる目覚まし時計

nandaclocky
ボタンとディスプレイが顔に見えるユニークな目覚まし時計「ナンダクロッキー」。でも本当にユニークなのは、ナンダクロッキーの顔の両側にある大きな車輪で、セットした時刻になるとアラームを鳴らしながら逃げ出すというところ。

勝手に部屋の中を走り回るのは多少心配だけど、ナンダクロッキーは60センチまでの高さなら落下しても大丈夫という堅牢な設計。電池ボックスのフタはしっかり固定しないと衝撃で電池が外れちゃうのでご注意を。

アラームを止めるには、逃げ出したナンダクロッキーを捕まえるしかないのでしっかり起きられそう。ただし足のふみばも無いような散らかった部屋ではナンダクロッキーも逃げられないので、日頃から整理整頓が必要かも。早起きと部屋の片付けができる一石二鳥(?)の目覚まし時計です。

Tocky

しゃべる、逃げる、小さいボディに機能満載!

tocky
手のひらサイズのまん丸ボディがかわいい目覚まし時計「tocky」。この小さなボディにあなたを起こすためのさまざまな機能がつまっています。

まずはユニークなアラーム音。通常のアラーム音に加え、「起きてください」「起きろー」と語りかけてきます。この語りかけは不規則で、アラーム音に慣れてしまうことも防ぎます。

アラーム音には、本体のマイクで録音した音声や、MP3形式の音楽を「tocky」にアップして設定することも可能。(音声は最大6時間、音楽は最大2時間まで)

アラームで起きない場合、「Tocky」はアラーム音を鳴らしながら身体を回転させて逃げ出してしまいます。落下しても衝撃を吸収し、バランスをとって着地できるよう計算された構造で、高さ60センチからの落下にまでに耐えられます。

カラーバリエーションも豊富。好みの色とアラーム音で自分だけの目覚まし時計にしてみては。