農林水産省が「めざましごはん」というのを推奨しています。
朝ごはんをしっかり食べてお米の消費も拡大しようというキャンペーン。

農林水産省の思惑はさておき、朝ご飯をしっかり食べてからだ全体を目覚めさせようというのはその通り。

起きたら顔を洗うとか水を飲むなどするとシャキッと目覚めた感じはしますが、内蔵はまだ寝ていることもあります。起きたばかりでは食欲もわかない、なんて言うのはその証拠。ですが、健康な体ならしばらくするとお腹が減ってくるものです。バタバタと慌てていると「お腹すいた」と感じる前に出かけてしまうことになります。

目覚まし時計は起きるまでのアイテムですが、体の中から目を覚ますには「めざましごはん」も生活の中に取り入れてみてはいかがでしょう。

ゆっくり朝食をとるためにも、時間に余裕をもって起きるよう目覚まし時計をセットしたいですね。