目覚まし時計を使わずに起きたい、という要望があるかどうかは分りませんが、そんな方法を考えてみました。

朝日で起きる
あまり外から見られることのない部屋だったら、カーテンを調節して朝日が入るようにしておきます。季節によって時間が変わってしまうのが難点でしょうか。

外の音で起きる
例えば近くを鉄道が走っている場合など、始発が通る音を目覚まし代わりに使うのはどうでしょう。鳥のさえずりで起きるなんていうのも理想ですね。

家族に起こしてもらう
自分より早く起きてくれる家族がいれば、これが確実かもしれません。

モーニングコールで起きる
毎日というのは大変だけど、彼女彼氏なら喜んで引き受けてくれるかな。有料のサービスもあるようです。

家電のタイマーで起きる
タイマー付きの家電がいろいろあります。テレビやエアコンの電源をタイマーでオンにしたり、タイマー炊飯器で炊き上がりのアラームで起きれば炊きたてご飯も食べられます。

工夫次第で目覚まし時計が無くても起きる方法がいろいろありそうです。